ホーム > 地球に優しいエコ住宅

地球に優しいエコ住宅

SE構法

SOWE Designの考え方

SOWE Designとは、Sun & Wind-Energy

SOWE Designとは、Sun & Wind-Energyからの造語です。

昔の人たちは、ごく自然にエコな暮らしを営んでいました。
夏に涼しく、冬は暖かい「木の家」で。
環境への意識意識向上。震災の影響による節電。このような生活がいま見直されています。

エアコンの冷房や暖房を使って環境に負荷をかけるのではなく、家の建て方そのものを工夫して、心地よい暮らしを実現できないか。
郊外や都市部といった立地にかかわらず、自然と共生する住まいを建てられないか。
その答えが、SOWE Design(ソーウィーデザイン)です。

自然の太陽の暖かさや明るさ、流れる風の心地よさ、これらを活かして、四季を通じる心地良い快適な家をつくりましょう。
もちろん気象条件や立地によって、デザインは一棟ごとに変わってきます。
それはソーラーパネル(太陽光発電)などの機械に頼らない、本当のエコロジーです。
SOWE Designは、最近話題の「パッシブハウス」や自立循環型の住宅であり、どこか懐かしさを感じる、けれど未来を先取りした家なのです。

自立循環型の住宅はこれまで、木造住宅では実現困難でした。しかしSOWE Designは、木造による準ラーメン構造である、独自のSE構法を採用。エコな暮らしに欠かせない「温熱計算」、耐震・耐久性能の算出に欠かせない「構造計算」を、共に可能にしているのです。

暖かさを貯金できる家

暖かさを貯金できる家のイメージ

日常の暮らしにおいて、特に電力消費が多いエアコン。
特に冬場の暖房です。でもよく考えてみましょう。
夜に冷え込む日だったとしても、太陽が照らしている日中は暖かいもの。この「暖かさ」家に保存しておけたなら…。
夏場も同じように、夜間の「涼しさ」を蓄えて昼間に持ち越せれば猛暑もしのげるかも…。
もし住んでいる家自体にそんな仕組みを持ってくれれば、電力消費の削減にもなるのでは?
「蓄熱」「蓄冷」という考え方です。
蓄熱や蓄冷は家づくり全体に関わる考え方になり、「どこに」「いかにして」暖かさや涼しさを蓄えておけるのか?ということがが、重量なポイントになってきます。
蓄熱が可能な場所は非常に多くあります。外壁や床を始めとして、間仕切り壁、天井まで、実に様々です。
設計次第では家中が蓄熱材になりえます。そして最も大切なのは、蓄熱材の選択。熱の伝導が良く、たくさん蓄えられ尚且つ表面からの吸収・放散が早いもの。具体的には、壁土、コンクリートやモルタル、各種木材などから選ぶことになります。
ご自分の家族のために、我が家が暖かさを貯金してくれる家を創り上げます。

柔らかい光の調和

柔らかい光の調和のイメージ

都市部においては、どうしても狭小地に住宅が密集してる現状があります。
最近では3階建ての住宅も多くなり、側窓での採光がほとんど期待できないといった話も聞こえてきます。さらに部屋によっては、昼でも電気を付ける必要があるほど暗いところも出てきているようです。
より太陽の光を取り込むには住宅の最上階に開口部を設けて、トップライトを下層階まで行き渡らせようという考え方が光井戸です。建物を上下に貫くようなイメージになる光井戸は、各階はもちろん各部屋にも太陽の光をもたらし、「昼間は自然光のもとで活動したい」という、ごく自然な要求を満たしてくれます。
水ではなく、光を溜める井戸。その井戸の周りには、自然と家族が集まり会話に花が咲いているのかもしれません。

心地良い風が吹き抜ける

心地良い風が吹き抜けるイメージ

空から降り注ぐ、心地よい風の流れと柔らかな陽射し。この事から満点の星空を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな連想も、けっして理由のないことではありません。天窓という概念が生まれたのは、実は北欧の日照時間の少ない風土で少しでも風と採光を得るための工夫だったのです。

今現在天窓は、想像もできない建築装置に進化しつつあります。日本では真夏の35℃超え(いわゆる「猛暑日」)も珍しくありませんが、そんな時「外が無風でも、部屋に風が流れる」「風が家中を立体的に通り抜けていく」といったら、いかがでしょうか? それも電気を使わず、天窓を開けるだけで、です。
風向きの傾向は季節や立地ごとに存在しています。暖かい空気は、常に上にのぼろうとしているので、窓の位置や大きさ・天窓の配置などを丁寧に計算すれば、自然は無償で、思いがけない心地よさをプレゼントしてくれるのです。
太陽のある限り、自然光に満ちて電気要らずの暮らし。お家にいて「少し暑いな…」と思っても冷房のリモコンでなく、天窓へと自然に手が伸びるお住まい。日々の営みが五感を豊かにしてくれる「懐かしい未来の家」で「冷やす」のではなく「凉をとる」といった考えをSOWE Designはカタチにしていきます。

お問い合わせ
お問い合わせ
資料請求
書籍プレゼント